ちょっと一息。水族館に行ったときのお話。そしてインスタ動画をブログに貼ってみる。

先日水族館に行ってきたのですよ。
登別マリンパーク二クス。

海の生き物が展示されている「二クス城」は、デンマークのお城をモデルに作られた建物だそうです。かわいい建物でしょ。登別は雪が少なめ。

この二クス、1990年開業だそうで。 もうそんなに経つのですなーと感無量です。
開業当初から何度か行ったことがあるのですが、この二クス、最初に訪れた時の印象としては「魚が少ない水族館」。だったんですよね。

館内は、広いスペースにオブジェとか魚の絵とか北海道の動物写真展とかでお茶を濁している感じでしたが、私は結構好きな方ですよ。工夫が施されているその感じ。

その後、魚が少ない印象は、行くたびに更新され、直近の二クスも魚は少ないままでした。しかしながら、予算の少ない中でも何とかお客さんを喜ばせようとしている飼育員さんたちの工夫の跡をいたるところにお見受けし、ブラボー。好きだよ二クス。と感じました。

中でも、イルカやアシカのショーはきちんと開催されており、
なかなかの迫力でした。

高さ5mのボールにタッチするイルカ。

あと、
インスタ動画をブログに貼る技を体得しましたので見て見て。
これは、カマイルカと言う種類だそうです。
黒いラインがシュッと入っていて、かっこいいイルカたちです。
お姉さんの手拍子に合わせて、頭のてっぺんの鼻の穴から空気をブクブク出しています。イルカの一生懸命さもさることながら、お姉さんの手の動きが優雅で好き。

https://www.instagram.com/p/BuL4bLfnJh9/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

そしてもうひとつ動画。
これはアザラシが丸い水槽の中を泳ぐの図。
カメラの前のアクリル板が水滴で曇っているのが少し残念ですがね。
回り終えたアザラシが、お姉さんの足元にひょこひょこ顔を出すのがツボ。

View this post on Instagram

アザラシが水槽をくるくる廻る。

A post shared by Mamiko Suzuki (@crochetpicot) on

最後に、アシカの怖い笑顔で締めたいと思います。
アシカのハルちゃん。おめめがかわいい。

このかわいいアシカが、笑うとこうなるそうです。

こわ!

━─━─━─━─━─
crochetpicot(クロッシェピコット)のギャラリーは、
既製服では見つけられないオリジナルの洋服を揃えています。
minneCreemaをご覧ください。

ーーーーーーーーーー
facebook
twitter
instagram