エゾマツファブリックであずま袋を作る。お弁当つつみに最適なあずま袋バージョン。さっぽろのいろ 。

あずま袋を作ったのです。
オリジナルファブリック、エゾマツ模様の綿麻生地です。
先日作ったお弁当つつみの袋タイプですな。

横長の一枚の生地をパタパタとたたんでミシンをかけるとこの形になるのですが、あずま袋のミシンかけ楽しかった。
作り方はいろいろとネットで検索できますので気になる方はグーグル先生に聞いてみてください。

とはいえ、画面でいくら眺めても実際に作ってみないとサイズ感が全く分からなかったので、とりあえず第一作め。作ってみました。
欲張って大きいサイズでしかもリバーシブル。

欲張りすぎて大きすぎ。お弁当箱が2個は入る大きさに我ながら驚く。

タオルを三枚たたんで入れてみました。

大きいんですよこれが。
って言われても比較対象がないので分からないですよね。
ちょっと待って。
これから小さいバージョンも紹介するので大きさは後ほど見てね。

そしてこちらが小さいバージョン。
直径約16㎝のお弁当を包んでみます。

ほらほら。包みますよ。
袋の中から ねこが見ていますよ。

そしてこちらがお弁当箱とお箸を包んだところ。

あらー丁度良い。しかもかわいい。
くるっと包みやすい。

先ほどの リバーシブルバージョンと大きさを比較してみますと、

ほらー。結構違うでしょ。

大きい方は、かごバッグの中に入れて使ってもゆとりがありそうなくらいの大きさがあります。そして今回使ったのが多少厚みのある生地でしたので、リバーシブルにすると結ぶ部分もごろごろ感あり。結びにくい。
気軽にお弁当を包むなら、一重の方が使いやすそうです。
実際にいろいろやってみないと使い勝手はわからないものですね。

お正月明けから雑貨作りを楽しんでいます。
ご注文品制作の息抜きがてら、頭を巡らせ手を使い。脳みそ活性化をねらって励んでいます。
楽しいお昼休み。ふふふ。
明日のお昼休みは何作ろうかな。

━─━─━─━─━─
crochetpicot(クロッシェピコット)のギャラリーは、既製服では見つけられないオリジナルの洋服を揃えています。
minneCreemaをご覧ください。