リネンガーゼのハギレ活用法。生地端をほどくだけ。

「背中に寄りそう夏の羽織り」
たくさんご注文をいただいておりまして、今日は製作に励みました。
ご注文くださってありがとうございます。

どんどん裁断していくと生地の最後、80㎝ほどのハギレが残りました。
捨ててしまうのももったいない大きさです。かと言って 手の込んだものを作る余裕もありませんので、隙間時間でショールを作ることにしました。

生地の耳を切り落とし、生地端の糸を適当にほどいて完成。

三角に畳んでくるっと首にひと巻きできる大きさです。

扱いやすいサイズ感のショールになりました。

完成完成ウシシ。と思っていたら、先日海外土産にいただいたブレードを思い出しました。とってもステキな幅広のブレードです。

ピンクとブルー。どっちにしようかなー。なんて迷わず。私はブルーを選びます。でもどっちもかわいい。

ショールの端の方にダダーっと縫い付けて
ものすごくすてきなフォークロア調のショールに変身。

着用画像は全くもってイケてませんが。
かなりすてきです。

このブレード、お洗濯してみて良さそうな感じでしたら
ポンチョにも飾ってみようと思います。

きっとすごくかわいいポンチョになると思います。

あ、リネンガーゼのボレロはこちらからご覧いただけます。
minne https://minne.com/items/18365688
Creema https://www.creema.jp/item/7223207/detail

━─━─━─━─━─
crochetpicot(クロッシェピコット)のギャラリーは、既製服では見つけられないオリジナルの洋服を揃えています。
minneCreemaをご覧ください。

ーーーーーーーーーー
facebook
twitter
instagram