涼しくなって来ましたので、冬に向けてリバーシブルのひざ掛けを編む。

日中はそこそこ暑い札幌ですが、
ここのところ朝晩めっきり涼しくなって来ました。

こうなって来ますと、そろそろ編み物がしたくなってくる季節です。

先日本屋でこのような、かぎ針編みの本を見つけました。

今まで編んだことの無いような興味深い編地が複数掲載されていましたので
冬に向けて何かを編む参考にしようと思い、購入しました。

今回私が一番編んでみたかったのが、
この裏表紙にもなっているリバーシブルのひざ掛け。

これほんと、表と裏で柄の出方が違うリバーシブルなのです。どうやって編むのか不思議。

ぜひともその不思議を解明したいと言うことで
指定の糸ではないけれど、アクリル60%・ウール40%の軽くてふんわりした「DARUMAのやわらかラム」を購入して編み始めてみました。

ベビーちゃん用の毛糸らしく、ふんわりしていてチクチクしませんのでひざ掛けを編んでも重たくならない感じが良い。

最初、目数を数えるのに苦労しましたが、
本の通りに落ち着いて編み進めると確かに。
あら不思議。リバーシブルに編めています。
慣れると難しくはないですよ。

もっとメリハリのある色で編んだ方が柄がくっきり浮かんできて良かったかな・・・なんて思わないでもないですが。

ひざ掛けが完成したら
違う編地にもチャレンジしてみよう。楽しそうなのがたくさん載っています。

秋の夜長は編み物。ふふふ。

と、ここまで書いて、
なんか、目数が間違っていたことが判明しました。
あらーびっくり。

どうしましょうか。長期的にほぼ最初から間違えているので
一から編み直しましょうか。

冬が終わる前に完成できることを願います。

ーーーーーーーーーー
crochetpicotの委託販売。
8/17~8/31
なんばマルイ2階 
373(ミナミ)クリエイターズパーク

━─━─━─━─━─
crochetpicot(クロッシェピコット)のギャラリーは、既製服では見つけられないオリジナルの洋服を揃えています。
minneCreemaをご覧ください。

ーーーーーーーーーー
facebook
twitter
instagram