増税前に清水の舞台から飛び降りた刺しゅうミシン

今日初めてオリジナルピコちゃんを刺しゅうしてみました。

ミシンを購入したのは1か月ほど前なのですが、最近は洋服の制作に没頭していましたので刺しゅうミシンは放置状態でした。

今日はご注文品の制作を午前中で強制的に一段落付けまして、午後からはがっちり刺しゅうミシンに取り組みました。ああ。やっとこの時が来た。

なぜがっちり取り組むかと言いますと、
オリジナルデザインの刺しゅうをする時には専用のデータ制作ソフトを別途購入してダウンロードしなくてはいけないからでございます。ほほほー。

刺しゅうミシンを買うだけではオリジナル図案は刺しゅうできないというワナ。。。いえいえ、ミシン内蔵の画像は刺しゅうミシンだけで刺しゅうできますのよ。

でも私の目的はオリジナルの図案な訳ですから。
データ制作ソフト「刺しゅうPRO」を購入したわけです。

これをダウンロードしたり使い方を把握するのが面倒で、放置していたのです。
ああ、でも今日取り組んで良かった。

もう楽しいったら。

確かにソフトの使い方は慣れるまで多少不具合があるかもしれませんが、私でも使えましたのできっと大丈夫。

今日は念願のピコちゃんを刺しゅうするところまでできました。
ちょっとクリオネ風味なピコちゃん。

ここまで行きつくのになかなか手順が多いですが、楽しんで乗り切ることができそう。うふふ。

ワンピース作りにも生かして行きたい。野望。

ーーーーーーーーーー
ー余談ー
データ制作ソフトのソフトウェアキーが小さすぎる問題。
見て見て。小さくて見失ってしまいそう。

この白い四角いやつがソフトウェアキーでございます。
パソコンに差し込んでダウンロードするのですが反則気味に小さい。

あまりにも小さいのでダッフィーのビーズマスコットを装着しました。

かわいいでしょ。
これね。私の姉の旦那さんが作ってくれました。
彼の趣味はビーズのマスコット作り。
子供の小学校のバザーでは大人気だったらしいですよ。
これお父さんが作ったの!って聞いたらひっくり返って驚くと思う。
そして尊敬すると思う。

それにつけてもソフトウェアキーが小さい。

━─━─━─━─━─
crochetpicot(クロッシェピコット)のギャラリーは、既製服では見つけられないオリジナルの洋服を揃えています。
minneCreemaをご覧ください。

ーーーーーーーーーー
facebook
twitter
instagram