新年にラフな襟付きのワンピースを作る。

2020年も順調なスタートを切ることができました。
今年一年の活動も、新しく始めてみたいことがわんさかありますので楽しみにしています。

ご注文品のお届けも始まっていますので、お手元に到着するまでもうしばらくお待ちくださいね。

ーーーーーーーーーー

そして早速、新作ワンピースのサンプル品も制作を始めています。

第一弾としては、これから夏の初めまで着ていただけるような、ラフな感じのクシュっとした重ね襟が付いたワンピースを考えています。

画像は先日の初売りで訪れた手芸店カナリヤで仕入れた冬の生地で作ったサンプルです。
これは肉厚の起毛生地で作っていますので、割とかっちり仕上がっていますが、
なかなか良い感じで狙った仕上がりの襟の形が再現できましたので、春物の生地でもう一着作ってみようと考えています。

薄手の生地で作ると襟が柔らかくクシュっとなる予定です。

春先のちょっと肌寒い時に、襟元からスーッと入ってくる冷たい風をシャットアウトできるような機能的な形です。

タートルネックは窮屈で着たくないけれど、首の後ろ側は寒いので覆っていたい。
(実は今、私がその状態。)

そのような方にお勧めしたい襟元です。

七分そでの、一枚でも 重ね着でも着ていただけるようなワンピースに仕上げます。

札幌は今のところ、雪がとっても少ない冬ですが、
例年2月は一番寒く、これでもかというくらい雪が降りますので覚悟はしています。

このワンピースは桃の肌のように起毛した生地で作っています。
重ね襟で首元ゆるっとあったかですのでこれから来るであろう吹雪の日だってへっちゃら。。。だと思う。

あ、あと、裾の方に刺しゅうもしたいなと思っています。
何でも詰め込むサンプル品。
これからデータ編集に勤しみます。

明日はお正月休み明けの仕事始めの方もいらっしゃることでしょう。
みなさまにとって、実りの多い一年になりますように。

━─━─━─━─━─
crochetpicot(クロッシェピコット)のギャラリーは、既製服では見つけられないオリジナルの洋服を揃えています。
minneCreemaをご覧ください。

ーーーーーーーーーー
facebook
twitter
instagram