キタキツネのポーチ。さっぽろに住むどうぶつポーチ。

さっぽろに住むキタキツネのポーチです。

むすめデザインのキタキツネ テキスタイルでポーチを作りました。

ふさふさの毛並みが自慢の冬のキタキツネ。

雪のなか、動くものを見つけて狙いを定めてジャンプ!
顔からズボッと雪の中に突進します。

キツネがピヨンとジャンプしたところを捉えて水彩で表現しました。

縦12㎝横22㎝マチ5㎝の大きめポーチです。

お化粧道具がたくさん入ります。

25㎝のファスナーが ガバっと大きく開きますので中身の出し入れもラクラク。
私の愛するトンボ鉛筆のグラフィックマーカー ABTもたくさん入ります。
今日は12本入れてみましたがまだまだゆとりあり。

普通サイズのペンと比較するとこのように。
たくさん入る気配がするでしょう。

このポーチ、キツネの背中のカーブに合わせてファスナーを付けています。
右側の頭の方が縦方向に長いです。
左側のしっぽの方が短い。

勢いよくジャンプしている所を表現してみました。
実を言うと おもしろい形のポーチです。

おおっとスマホも入ります。

裏側は雪が降っている。

内側はブルーの11号帆布です。

帆布は数字が小さくなるほど厚みが増します。
先日紹介したピコちゃんのポーチは8号帆布を使用したカチッとした仕上がり。

今回のどうぶつポーチは11号帆布を使用。ですので、どうぶつポーチの方が若干柔らかい仕上がりです。

なぜ今回 薄手の11号帆布を使用したかと言いますと、どうぶつポーチはキツネのプリントの綿キャンバスを外側に使い、帆布を内布として使いましたので、少し薄手の帆布の方が作品としての収まりが良かったからです。中側の布が厚すぎるとバランスが良くない。

とまあ、ちょっとしたこだわりなんかも  さりげなーく織り交ぜつつ。

さっぽろに住むどうぶつポーチ「キタキツネ」。

minneのハンマケで販売予定です。

みなさまにお会いできることを楽しみにしています。

日曜の夜にお付き合いくださってありがとうございました。

━─━─━─━─━─
crochetpicot(クロッシェピコット)のギャラリーは、既製服では見つけられないオリジナルの洋服を揃えています。
minneCreemaをご覧ください。

3/28・29(土日)  minneのハンドメイドマーケット2020に出展します。
11:00~18:00 さいたまスーパーアリーナで開催。

ーーーーーーーーーー
facebook
twitter
instagram