小さいスヌードを編んだらピッタリサイズで快適だった話。

首が寒いのが苦手なので、毎日タートルネックのインナーを着ています。
ヒートテック的なやつ。

ただ、ヒートテック的なやつって、それだけだとスース―しません?
私はその上から何かしら首に巻いているのが常です。

小さめのマフラーとか。たまにそこら辺にある普通のタオルを巻いたりしています。よく温泉に置いてある お持ち帰り用の薄手のやつです。実はあれが一番塩梅が良かったりしてね。

ボリュームのあるものを巻いてしまうと肩が凝るのでその分量がなかなか難しいんですよね。そこそこのわがままボディーです。

ピッタリサイズで首を温めるものが定期的に欲しくなりますので、このたび思い立ってスヌードを編んでみたのです。これこれ↓

まあスヌードと言うよりは、サイズ的にタートルネックセーターのネック部分のみと言った方がしっくり来ます。背中側に来る方を少し長く編んだので、すそのゴム編みが2重に見えてます。

昨日の夜に完成しまして、今朝スチームアイロンをかけて早速着けて一日過ごしてみたんですけどこれ最高に良かったです。
何と言ってもサイズが最高。あったかくて苦しくなくて軽ーい。

ただ画像的にはものすごい地味地味で、全く魅かれないしろもの。
この糸、ウールとシルクの混紡で、軽くて柔らかくてあったかいんですのよー。この画像からは全くそんな感じしないですけど。

編地もね、少し遊んでみたのです。
バスケットみたいな編地ですごく気に入りました。

この編地面白いでしょ。
表編みと裏編みを繰り返すだけでOKのとても簡単な編み方なんですけど、仕上がるとどうやって編んでいるのかじっくり眺めたくなるステキ感です。

ただ、地味ですよね。
ダブルガーゼブラウスと合わせたら多少印象が改善されるかと思ったのですが、残念ながら何かがおかしい。

普通に使用する分には存在を主張しないので、すこぶる優秀なスヌードと言うことにしておこう。

今夜からまた、このサイズ感でスヌードを編みます。
今度はもっと派手なやつを。

━─━─━─━─━─
crochetpicot(クロッシェピコット)のギャラリーは、既製服では見つけられないオリジナルの洋服を揃えています。
minneCreemaをご覧ください。

ーーーーーーーーーー
facebook
twitter
instagram