フェリシモのお花モチーフの本を今更出して来てかぎ針編み。

手作りキットが好きなので、フェリシモの手作りサイト「クチュリエ」でたまにお買い物します。

キットは、深く考えずに説明書通りに作ることができるので、疲れた時には最適です。

だいぶ前に買って時折出して来ては眺めていたんですよね。
「季節のお花モチーフ200の編み図デザイン」

200種類もお花が編めちゃう夢のような本です。

今見たらこの本、2016年の本。

サイトには、眺めるたび創作意欲がふくらむ、永遠のバイブル。とかってキャッチコピーが書いてありますけど、私は創作意欲が膨らむどころか4年もただただ眺めていたらしいです。
まあ、永遠のバイブルですから。先はまだ長い。何事も始めるのに遅すぎるということはないはず。

で、昨夜はヒヤシンスを編みました。

おおう。かわいいじゃないの。

だけれど編んでみて思い出したわ。
私、モチーフ編むの好きじゃなかったんだっけね。

ならばどうしてこの本を買ったのか。
当時の自分は何を考えていたのか。全く謎です。
モチーフ編みが好きじゃないから4年もただ眺めるだけにしていたんではないのか。

どうしてモチーフ編みが好きじゃないかと言いますと、糸始末が多いからです。
編み物で糸の色を変えると必ず糸始末しなくちゃならないじゃないですか。このヒヤシンスも糸始末だらけなんですよ。

ですから ひとつ仕上げておしまいにしました。

とは言えヒヤシンスはかわいく編めたので、エコバッグにでも縫い付けようかな。

いやはや、モチーフ編むの好きな方を尊敬いたします。

━─━─━─━─━─
crochetpicot(クロッシェピコット)のギャラリーは、既製服では見つけられないオリジナルの洋服を揃えています。
minneCreemaをご覧ください。

ーーーーーーーーーー
facebook
twitter
instagram