夜に大雪が降っているさまを描いた生地を作っています。

だんだん寒くなって参りました。札幌です。

例年初雪は10月後半に降ることが多いので、今年もいよいよ冬がやって来るなと覚悟を決めたり決めなかったりする今日この頃です。暖かい日には「まだまだ行けそう」と思ったり、またはヒューと冷たい風が吹いている日には「もうダメだストーブだ!」などと弱い気持ちになったりしています。

そんな中、

むすめに雪の模様のデザインをお願いしましたところ、出てきたのがこの感じです。

雪がわっさわっさ降る夜。きれい。

雪が降ると夜が明るくなるのですが、そのイメージです。

子供のころは、夜中に大雪が降ると「もしかしたら明日は学校が休みになるかも」などとワクワクしたものです。

札幌でも、大雪のため学校が休みになるのは珍しいことではありません。朝までに除雪が間に合わなかったり、または朝になっても吹雪いていたり。
電車が動かないこともありますし、吹雪の中 外を出歩くと遭難することだってあります。

大人になってからは、翌日の除雪の事を考えると憂鬱になる夜中の大雪。
ですが子供にとっては学校が休みになるかどうかの瀬戸際なんですよね。

朝早くに電話が鳴ることを超期待します。連絡網で学校お休みのお知らせが回ってきますので(私が子供のころはね)
今は学校のホームページに載ったりするのでしょうな。

そんな大人と子供の夜中の大雪に対する思惑の違いはありますが、今回はあえて子供目線で。

ワクワクが詰まった夜中の大雪。明るい夜。

そして、雪がたくさん積もった翌日に ピカーと晴れたりするともう、犬連れて走り出します。
大雪で脚が埋まるので走れないんですけど。雪を漕ぎながら犬と公園に繰り出します。

とまあ、子供目線の大雪もよう。

今回は、七分袖のポンチョ用にちょっと厚手のコットンリネン生地と、もこもこフリースにプリントしてもらう予定です。

あと10日ほどで届きますので、一足お先に雪の便りをお届けできると思います。

またお知らせします。

━─━─━─━─━─
crochetpicot(クロッシェピコット)のギャラリーは、既製服では見つけられないオリジナルの洋服を揃えています。
minneCreemaをご覧ください。

ーーーーーーーーーー
facebook
twitter
instagram