懐かしい鳥の生地でブローチを作り、ポンチョに思いを馳せる。

懐かしい生地を見つけたのでおまけブローチを作りました。

この鳥の生地。
2016年6月に作ったポンチョの裾を飾っていました。

ライムグリーンのリネンと合わせて爽やかポンチョに仕上がっています。

写真がかなり黄色みを帯びていて、この頃は古いデジカメを使って日当たりの良く無い我が家で撮影に苦労していたんだよなあ。。。などと関係ないところで感慨に耽ったりしています。
今はiPhoneとアプリのおかげで多少の日当たり不足も気にならなくなりましたが。

この頃は海外のかわいい布を夜な夜な探しては、ほんの少しずつ仕入れて洋服を作っていたのです。

この鳥の生地も当時非常に気に入っていました。

ライムグリーンのポンチョも元気で過ごしているだろうか。

お求めくださったお客様と楽しい日々を過ごしていてくれたらとても嬉しいです。

たまに、以前の写真を見返しては、洋服たちを思って心が遥か彼方へと飛んで行きます。

これもまた幸せな時間です。

ーーーーーーーー

ー余談ー

うちの雑種犬、しつけの行き届かない、どちらかと言うとあほタレの部類に分類される犬なのですが、一点だけお利口さんな所があります。

それは、私が指をさした方向を見て自らそこを探しに行くことができる。と言うことです。

わたくし、このはむちゃんの前に2匹の犬と暮らしてきたのですが、指さした方向に行くことができるのは はむちゃんが初めてでございます。

最初に飼っていた雑種犬と2匹目のミニダックスは、まあまあ賢い犬たちでしたが、「ほれほれあっちだよ」と私が指をさした方向ではなく指の先を見る。もしくは指先をクンクン嗅ぎに来る。そうじゃないんだよといくら言っても犬って理解できないものなんだなあと思っていたのです。

でもこの茶色いちょっとしたあほタレ犬のはむちゃんは、「あっち」がわかる。探しに行くことができる。
これ、子犬の時からできたのですが、初めて見た時は感動しました。

まあ、だからって、大した意味はないのです。

何に付けても犬はかわいいものです。ってちょっとした犬自慢。

━─━─━─━─━─
crochetpicot(クロッシェピコット)のギャラリーは、既製服では見つけられないオリジナルの洋服を揃えています。
minneCreemaをご覧ください。

ーーーーーーーーーー
facebook
twitter
instagram