サマンサという名前の原種チューリップが咲いた。たくさん。

庭に植えてから3年目。

植えた年は花が咲かなかったので、今年は2回目の開花です。

サマンサという名前の原種のチューリップ。

真っ赤な花がたくさん咲いてものすごくかわいい!

チューリップって、一つの球根から一つの花が咲くと思うんですけど、このサマンサはなんかたくさん咲くんですよね。

10㎝くらいの草丈なので、一般的なチューリップよりはかなり小ぢんまりしていますが、ぎゅうぎゅうに花が咲いてこんもり。どんどん増えてくれています。

確か、植えたのは苗3個くらいだったような気がするんですけど、開花2年目にしてこの増え方はすごい。
まるで私が花を育てるのが上手な人みたいですね。ははは。

いやいや、たまたまここの土を気に入ってくれたのでしょうけどね。

この他に今咲いているのはムスカリ。

たくさん。ムスカリ好き。

あとは名前わからないこの花。

これ、葉の形が気に入って育てていたんですけど、数年したら予期せず花が咲いてびっくりしたんですよね。

葉の隙間から黄色の花が咲いています。花はすぐに枯れてしまいますが、その後の葉っぱだけでも楽しい形。

というように。

毎年少しずつ増やしている宿根草が時期をずらして花をつけてくれるので、花壇を眺めるのが毎日楽しいです。

マメに世話をするわけでもなく(すまぬ)ただ花壇の前にしゃがんで眺めるひとときが好き。

ありがとう宿根草。

今年もあと何個か植えてみようっと。

━─━─━─━─━─
crochetpicot(クロッシェピコット)のギャラリーは、既製服では見つけられないオリジナルの洋服を揃えています。
minneCreemaをご覧ください。

ーーーーーーーーーー
facebook
twitter
instagram