ワークエプロンを作る。

色はカーキ。
しっかりと目の詰まった綾織りの綿麻生地(綿75%麻25%)で作りました。

生地分量多めのワークエプロンです。かっこいい感じ。膝下丈。

天日干し風のワッシャー加工が施された生地で、こなれたビンテージ感も漂います。
手触りはパリッとしていてパンっと張りがある。

どんどん使っていただくと生地にアタリが出たり、シワが多めに入ったりしてさらにかっこよく育っていく予感。

カチッとしっかりした生地ですが重みはありません。
お好みにもよりますが、アイロンでパリッとさせるよりも、ちょっと手でワシワシ掴んでわざとシワ感を出した方が雰囲気良く着けていただけそうです。

働きますよー腕まくりして。って感じでね。おうち時間の心強い相棒になってくれそうなエプロンです。

形はほぼ完成。ですが、前に大きく入れたタックの形を変更する予定です。

紐もね、久しぶりに手芸店に出向いて長い時間紐コーナーで立ち尽くして選んだのですが、多分変更します。縫いつける前は、ナチュラル感がぴったりな紐だなと思ったのですが、実際にこのエプロンで一日過ごしてみると、ちょっと肩紐が拠れて来る。ですので変更します。

そうそう、肩紐はアジャスター付きですから、お好きな長さに調節できます。

来週あたり、もう1着作る時間があるかな。

また紹介します。

ーーーーーーーー
crochetpicot(クロッシェピコット)のギャラリーは、既製服では見つけられないオリジナルの洋服を揃えています。
minneCreemaをご覧ください。

ーーーーーーーーーー
facebook
twitter
instagram