なんとロピーセーターが完成したのです。

なんとセーターが完成しましたの。

これはロピーセーターと言うらしいのです。アイスランドの伝統ニットで漁師さんの必需品とのこと。

襟元からぐるぐる編む丸ヨークで一気に進みました。

甘撚りの太い毛糸でザクザク編みましたので進みが早かった。

で、ちゃんと着られます。ふふふ。私にとって編んだウエアが着られるというのは珍しいことです。

毎年何かしら編みますけれど、セーター類はきちんと着られるように仕上がった試しがない。編むのを途中で投げ出したりサイズが合わなかったりするのでね。

しかし驚くべきことにこのロピーセーターは、なんと私にぴったりサイズに仕上がりました。奇跡です。

ゴツくて若干重さのある着心地ですけれど、そこはアイスランドの漁師さんのセーターですから。多分極寒の防波堤に釣りに行っても大丈夫です。行きませんけど。

毎晩編むのが楽しかったので、次に編むのもこの本から。

ネックから編むセーターは楽しいです。

毛糸も購入済みですから今夜から編み始めます。

ーーーーーーーーーー

ー余談ー

今回完成したセーターですけど、柄もの丸ヨークって当然ながら肩幅強調されるんですね。
わたくしものすごい怒り肩なんですけどこのセーターを着ると かなりガタイ良くゴツい人に見える。「見える」んじゃなくて、実際ゴツいんだからしょうがないよなとちょっとしょんぼり。

ゴツくたってセーターは着るんですからね。サイズはぴったりなんですからね。

ーーーーーーー
crochetpicot(クロッシェピコット)のギャラリーは、既製服では見つけられないオリジナルの洋服を揃えています。
minneCreemaをご覧ください。

ーーーーーーーーーー
facebook
twitter
instagram