今年は花壇の植物が元気よく育っている。

私にしては珍しいことです。

花を育てるのは苦手なのに、そこに花壇があるため放っておくわけにもいかず渋々始めた庭の手入れ。

トライアンドエラー(私の場合は ほぼエラーアンドエラーとも言う)を繰り返してきました。

雪解け後も毎年顔を出してくれる、越冬できる宿根草を数年かけて増やしたために、今ではさほど念入りにお世話しなくてもなんとなく季節ごとの花を楽しむことができるようになって来ました。

宿根草、かわいいです。こんな私の元でも元気に育ってくれる種類があります。植えたもの全部ではないけれど。

そんな中、去年植えたシュウメイギクが今年も蕾をつけてくれました。

去年より株も大きく立派になりましたので、今年はさらにたくさん咲いてくれるような気がする。

この花大好きなんですよね。夏の花が終わりに近づいて寂しくなってきた頃に咲いてくれるの。

楽しみだな。

それからね、今年の6月に植えたビーツも育ってきました。

ビーツが大好きなんですよね。丸いさつまいもみたいな野菜で、切ると中が真っ赤なやつ。

この写真は以前 道の駅で購入したビーツ↓

我が家のビーツも植えてから1ヶ月ちょっとで少し育ちました。

苗を植えたんですけど、大きなビーツがひとつゴロンとなるのかなと思っていたら、思いがけずコロコロたくさん育っています。

この画像ではわかりにくいですけど、赤い茎の根本に5〜6個ついてるの。

これってもしかして、たくさん収穫できちゃうってことなのかな?

えええー。やったー!とビーツの前でガッツポーズ。

ボルシチ食べ放題の予感です。

いえーい。

そのほか、花壇では黄色い花がジャンジャン咲いています。

ーーーーーーーーーー

crochetpicot(クロッシェピコット)のお店

minne

Creema

BASE

ーーーーーーーーーー
facebook
twitter
instagram