ランドスケープのセーターができた。今日の札幌はまさに雪景色。

クロバーのランドスケープと言う毛糸でセーターを編んでいました。

ひとつの毛糸だまで色の繰り返しがない、緩やかに変化する色のグラデーションがとっても美しい毛糸です。
毛糸は、玉の中心から糸端を引き出して編み始めるので、この毛糸の場合、白から始まり毛糸だまが終わるころに濃いブルーへと変化して行きます。

去年の12月中旬から編み始めたので

夜なべ仕事ひと月半ほどで完成しました。

わーい。きれい。
今日はモリモリ雪降っている札幌ですが、まさに札幌のランドスケープ。雪景色のようなセーターです。

名古屋の大塚屋さんで毛糸を買った時にサービスでいただいた編み図でした。
身ごろと袖をそれぞれ下から編み始めて、脇の下位置からは4つのパーツをくっつけて輪にして減らしながらぐるぐる編んでネックで完成する、初めて挑戦する編み方。(説明が難しい)

身ごろの途中で糸替えの時に色のグラデーションがうまく繋がっていない部分もありますが…

まあ、これもデザインって事で。

ゴム編み部分の一番濃い青が好き。

タートルネックの一番上をくるんとさせて、窮屈感の無い感じに仕上がりました。

サイズも奇跡的にちょうど良かったし、何より軽くてあったかいです。

15号の輪針で編んだので、進むのも早かった。

今後セーターを編むときはこの編み方だけでいいかもっ、て言うくらいこの編み図が気に入りました。

今シーズンの夜なべ仕事。
靴下に引き続きセーターまで完成できて自分どうしたんだろうと思う。

次に編みたいものも決まっていて、もう本も買ってあるので編み始めよう。

寝る前のお楽しみ。ふふ。

━─━─━─━─━─
crochetpicot(クロッシェピコット)のギャラリーは、既製服では見つけられないオリジナルの洋服を揃えています。
minneCreemaをご覧ください。

3/28・29(土日)  minneのハンドメイドマーケット2020に出展予定です。
11:00~18:00 さいたまスーパーアリーナで開催。

ーーーーーーーーーー
facebook
twitter
instagram