栗山町で撮影をする。くりぼうグッズ。

こんばんは日曜日。

今日は午前中でミシンかけを切り上げて、意を決して栗山町まで「くりぼうグッズ」の撮影に行ってきました。

栗山町は、私の住んでいる札幌からも小一時間で行けるドライブスポット。

ただ、ものすごく天気が良かったので、お日様に弱いわたくしは 案の定ただ今疲労困憊。

くりぼうグッズをいくつか撮影してきたのですが、今夜はくりぼうTシャツを着て見学した小林酒造のみ紹介しようと思います。

今回撮影場所に選んだのは、明治から続く北海道最古の日本酒の蔵元「小林酒造」。

小林酒造の特徴は、造り酒屋としては珍しい西洋建築を取り入れたレンガ蔵と札幌軟石の石蔵だそうです。一万坪の敷地内に17棟の蔵があり、現在はその一部を整備して一般開放しています。

蔵元の生家 小林邸は、甘酒などを楽しむこともできるカフェになっています。

午後出発で時間がなかったので、甘酒はがまんしました。

ほらほら、くりぼうを駆け足で撮影しなくっちゃ。

くりぼうTシャツは、ビッグシルエットのゆったりサイズ。

これ、Sサイズを着ているのですよ。

大きめにダボっと着ていただくととってもかわいい。

ちなみに我が家の身長150㎝次女(高校生)が着るとこのように。
ももの半分くらいの丈感です。
私の撮影風景をいつも観察しているので自然にポーズを取ってくれました。

「おっきいTシャツかわいい!」とご機嫌です。

それから、たまたま遊びに来ていた姪っ子は身長165㎝スラリ体型。超うらやましい。

彼女が着ると、おしりがギリギリ隠れる程度の長さで、身幅にはかなりゆとりあり。
真面目タイプの彼女はおすましして直立不動。これだけで美しい。

そして犬に絡まれるのはお約束。

疲れたとか言いながら、まずまずの長さの記事を書いたので、これにて終了したいと存じます。

くりぼうTシャツは、栗山町×Creemaのクリエイティブコンテストに出品しようと考えています。

くりぼうグッズについてはこちらの記事もご覧くださいね。
くりぼうTシャツをコンテストに出してみる。
くりクリアケース。

またお知らせしますー。オヤスミナサイ日曜日。良い夜をお過ごしください。

━─━─━─━─━─
crochetpicot(クロッシェピコット)のギャラリーは、既製服では見つけられないオリジナルの洋服を揃えています。
minneCreemaをご覧ください。

ーーーーーーーーーー
facebook
twitter
instagram